ホーム 公式ブログ レーザーの異なる分類

レーザーの異なる分類

  • View:465     2014年12月01日
  • クラスI:

     

    本質的に安全、目の損傷の可能性なし。これには、CDプレーヤーやレーザープリンタのように、通常動作時には、レーザービームへのユーザー·アクセスを防止するエンクロージャに起因するため、低出力電力(眼の損傷は、曝露時間後であっても不可能である場合)のいずれかであるか、またはすることができます。

    20141201

    クラスII

    人間の目(嫌悪応答)の点滅反射は長期間にわたってビームに人が意図的に凝視しない限り、目の損傷を防ぐことができます。出力電力は最大1 mWまでかもしれません。このクラスには、可視光を放出するだけレーザーが含まれています。ほとんどのレーザーポインタと商業レーザースキャナーは、このカテゴリに属します。

    クラスIIIa

    このクラスのレーザーは網膜に重大な損傷を引き起こすかもしれませんがあっても2分を超えるための目を持つ光学機器の増強直接接触することなく、ビーム径や電力密度を変更する光学機器との組み合わせで主に危険です。出力電力は5mWを超えることはありません。デバイスは "注意"警告ラベルを貼付されていない場合はビームパワー密度は2.5 MW /平方センチメートルを超えないかもしれません、そうしないと "危険"の警告ラベルが必要です。銃器やレーザーポインターのための多くのレーザーサイトは、このカテゴリに属します。

    クラスIIIb

    ビームが直接目に入ると、このクラスのレーザーは、ダメージを与えることがあります。これは一般的に5から500 MWからパワーレーザーに適用されます。このカテゴリのレーザーは秒以下のレーザーの強さに応じて100分の1のエクスポージャーと永久的な目の損傷を引き起こす可能性があります。拡散反射は、一般的に危険ではありませんが、鏡面反射が直接的エクスポージャーと同じくらい危険なことができます。クラスIIIbレーザーの直接光の観覧が発生する可能性がある場合には、レーザー 安全メガネを着用をお勧めします。このクラスのハイパワーレーザーの終わりにはまた、火災の危険性を提示してもよいし、軽くお肌を焼くことができます。

    クラスIV

    このクラスのレーザーはビーム内の500以上mWの出力パワーを持っており、目や計測器の光学系により拡大されることなく、目や皮膚に深刻な、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。レーザービームの拡散反射が公称危険ゾーン内で皮膚や眼に有害であることができます。多くの産業、科学、軍事および医療用レーザーは、このカテゴリに属します。

    https://www.laseronsale.com/laserpen_200mw/p-1141.html