ホーム レーザー情報 レーザーダイオードは、光学センシングと材料処理に革命をもたらします。

レーザーダイオードは、光学センシングと材料処理に革命をもたらします。

  • View:75     2019年09月11日
  • Mamms Consultingによると、レーザーダイオード(LD)は一種のレーザー発生器であり、その作用物質は半導体であり、固体レーザーに属します。 レーザーダイオードが動作しているため、電子のエネルギー変換プロセスには2つのエネルギーレベルしか含まれず、間接バンドギャップによるエネルギー損失はないため、効率は比較的高くなります。 高効率に加えて、レーザーダイオードには小型で長寿命という利点があり、製品の大量生産は1ドル未満です。

    現在、レーザーダイオードには主にシングルヘテロ接合(SH)、ダブルヘテロ接合(DH)、量子井戸(QW)があり、市場の製品は、紫外光から長波赤外光までのさまざまな波長を提供できます。 デバイス構造と半導体材料の決定。 下の図は、レーザーダイオードの主な応用分野を示しています。

    レーザーダイオードの主な応用分野

    単一のレーザー送信機は、ミリワットから数ワットの範囲の出力を提供できます。 各レーザーエミッターは、単独で、または固体レーザーの光ポンピング用のレーザーダイオードストリップとして組み合わせて使用したり、さまざまなアプリケーションニーズを満たすためにレーザーダイオードモジュールに統合したりできます。 次の図は、3Dセンシングおよびイメージングの分野におけるレーザーダイオードテクノロジーの典型的な応用例を示しています。このテクノロジーの普及は、家電および自動車産業に革命をもたらします。

    レーザーダイオードの応用例

    過去30年で、レーザーダイオードの平均出力は指数関数的に増加しましたが、平均価格は指数関数的に低下しました。 半導体レーザー技術は、サブキロワットダイレクトダイオードレーザー(DDL)およびマルチキロワットハイパワーダイレクトダイオードレーザー(HPDDL)の開発を可能にする驚くべき進歩をもたらしました。 ビーム品質の大幅な改善により、DDLは金属加工の重要なツールになりました。 DDLとHPDDLは、世界の工業製造分野で大きなトレンドになりつつあります。 最近の技術革新は、銅材料のはんだ付けと3D印刷用の青色ダイオードレーザーの開発に焦点を合わせています。

    現在、私たちが接触しているレーザーベースの製品はレーザーポインターです。 レーザーポインターには多くの用途があります。 もちろん、不適切に使用すると、悪影響もあります。 レーザー製品を活用して、人に利便性をもたらすことを願っています。 推奨される高出力の製品を以下に示します。

    レーザーポインター60000mw