ホーム 新着情報 レーザーでカラス被害対策

レーザーでカラス被害対策

  • View:185     2019年02月20日
  • カラス被害に注意! ゴルフファンから最近ゴルフ場でカラスの被害が多くなっていることを聞いています。 ネットで調べてみると、2015年12月に、イギリスのガーンジー島では、カラスがゴルフボールを誤って鳥の卵として奪うし、すぐに空に飛んだ。これは写真家のColin Mucklowによって捕獲された。Colin Mucklowはこのカラスがゴルフを鳥の卵と間違えたに違いないと信じています。カラスは食べ物を見つけるのに非常によくて、しばしば昆虫、トカゲとカエルを餌にするよく知られている雑食性の鳥です。

    3月ー7月カラス繁殖期がすぐ来ています。ゴミだし日に、カラス被害が頻繁に周辺に被害! うちにも、被害到来!という声がよく聞きました。超 音波でカラスを撃退対策、 藁で作った人形で撃退対策、音楽で撃退対策、石で撃退対策、太陽 エネルギー で撃退など、いろんな方法をやりましたが、効果がない、どうしたらいいでしょうか。カラス撃退レーザーポインターはずっとlaseronsale.comの売れ筋商品です。2003年から、お客様の提案を受けました後、何年時間をかかって実験しています。鳥達にとって、視覚は一番敏感な所です。この特性を利用して、生物が視覚反射できる条件を模擬して、緑色レーザーポインター、青いレーザーポインター、赤いレーザーポインターなどを作りました。ビームでカラスに照射するとき(目へ直接射さないように)、鳥達が視覚反射して、逃げます。レーザー撃退器、もう一つ大事なメリットがあります。遠距離でレーザー出すことができて、攻撃を防げます。そして、懐中電灯は小型で、持ち便利です。身を守る武器になれる。今まで一番効果がある鳥を撃退する武器です。

    カラス撃退

    赤色レーザーが弱い、青色レーザーが高い。このレーザーポインターグリーンは1000mw出力で強い、価格も納得できます。2003年以来に、日本に好評販売しています。光の照射距離は5000m-18000mに達成できます。レーザーポインターの使用範囲は結構広い:点火、指示、ショー、カラスを撃退する、害鳥を撃退する、害虫を撃退する、夜間に鳥を撃退するなど。

    でもレーザーなんて危ないんじゃ…?と心配な方もいるかと思いますが、その通り、実は注意が必要なカラス除けグッズなんです。今回は、カラス除けとして使用されるレーザーポインターの正しい選び方と使用するときの注意点をご紹介します!

    1.何れも、レーザーは自分の、他人の目に当たらないようにしてください。閉める時も間違って起動する場合もありますので。

    2.反射面或いは滑らか面を照射しないでください。反射性が強いので、もし人に目に当たると、障害になる可能性あります。

    3.玩具ではありませんので、お子様に、知力に欠陥ある人に使わないでください。障害になり易いです。

    4.専用保護メガネと合わせて使ってください。レーザーを見られない人に、これが大事です。

    5.車輌、飛行機などに照射しないでください。

    6.レーザー電池の安全常にを確認したほうがいい。

    7.公共場合使用しないでください。

    8.高出力レーザーので、ご丁寧に使って、ご注意してください。

    http://www.laseronsale.com/blog/n-446.html

    http://www.laseronsale.com/blog/n-447.html