ホーム 公式ブログ レーザーの安全性を説明する

レーザーの安全性を説明する

  • View:180     2019年01月07日
  • レーザー武器システム

    正確に整列されたレーザーポインターは、銃を狙うためのレーザー照準器として使用されます。

    軍隊の中には、夜間に航空機の目標をマークするためにレーザーを使用するものがあります。 これは、「味方」と「敵」のターゲットを間違えないようにするためです。 敵の戦闘員の正確な位置を正確に突き止めるには、攻撃している航空機が検出できるレーザー光線を使って単に標的を照らします。 これは、ターゲットをマークする最も正確な方法の1つです。

    レーザー危害

    レーザーポインターは目に直接傷害を与え、気を散らすことによって危険な状況を引き起こす可能性があります。 2011年の時点で、非常に多数の指針、および悪意あるまたは不注意な使用の多くの事件にもかかわらず、非常に深刻で恒久的な眼の怪我が低電力指針から報告されたことはありません。 リスクは明らかに現実的ですが、それらによって引き起こされます。

    悪用(レーザーの安全性とレーザーと航空の安全性)

    非常に長い範囲を持つレーザーポインターは、それらをそらすか迷惑にするか、または楽しみのために人々にしばしば悪意を持って照らされます。これは航空機の操縦士の場合には特に危険と考えられます。 MSNBCの報告によると、2010年に米国でFAAによって記録された2,836件を超えるインシデントがありました。波長(532 nm)が暗順応眼のピーク感度に近いため、ハンドヘルドグリーンレーザーによる照明が特に深刻です。同じ出力の赤色レーザーポインターよりも35倍明るくなります。

    レーザーポインターの無責任な使用は、彼らの誤用がプロジェクター内に配置され、娯楽産業内で使用されるように設計されたレーザーに影響を与える法律をもたらすかもしれないと恐れているレーザープロジェクターコミュニティのメンバーによってしばしば悩まされます。まぶしいまたは気晴らしが危険である活動に関わる他の人たちも懸念です。

    レーザーポインターの別の厄介で潜在的に危険な誤用は、ドットがレーザー照準器のそれと合理的に間違えられるかもしれないときにそれらを使うことです。武装警察はそのような状況で彼らの武器を引きました。

    強力レーザーポインター使用注意事項:

    1.レーザーの光を人と動物の目に照射する禁止。網膜に傷害されるさらに視力を失う可能性ありますので、ぜひご注意してください。お子様はレーザーポインターを離れるように教育すべきです。

    2.決してカラス撃退レーザーポインターを他人の目へ射すな、網膜に傷害されやすいです。視力に大きい影響されます。ぜひご慎重に使ってください。

    3.長時間点灯しないでください(特に緑色光レーザー)。夏には30秒以上に使わないでください。本体には熱さが高くなったら、すぐに使用を停止してください。冬には緑光レーザーは予熱時間が必要かもしれませんが、ポケットに入れて、本体が暖かくなってから、電池を入れて使用しおすすめ。レーザーポインター寿命、レーザーLDやモジュールの損害を避けるため、連続点灯時間は60秒を超えないでください。

    4.事故を避けるため、使用しない時にバッテリーを取り出して、小さいお子様の手が届かないところに置いてください。
    または子供に使わせないでください。
    5.レーザーの明るさは弱くなると、バッテリーを交換、またはバッテリーを充電してください。

    6.高出力は放熱が必要のため、毎回、2分間以内に使用してください。数分間をやすんでからまた使用してください。

    7.水の中、または湿度が高いところにおいていないでください。

    8.室内或いは近距離で超高出力 レーザーポインターを使う時、専用の超強力レーザー防護ゴーグルをかけて、レーザー光線を顔や目に絶対に直接照射しないでください。

    9.万が一、初期不良の場合は、7日以内こちらにご連絡ください。初期不良の場合は返品交換の形でご対応させて頂きます。返品の場合、製品本体、付属品、包装などは届いた状態のままでご返送ください。お客様自身には製品を分解すること、製品を損害する方は返品を対応しかねますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。返品が届いたら、こちらは検品してから、交換の手続きをさせて頂きます。