ホーム 公式ブログ レーザーポインターの使用に影響する2つの要因

レーザーポインターの使用に影響する2つの要因

  • View:115     2018年12月21日
  • ますます多くの人々がレーザーポインターに興味を持ち、レーザーポインターを購入しています。
    レーザーポインターを使用すると、空気の質や空気の濁りなどの問題が発生することがあります。 レーザーポインターのレンズは、清潔さの要求がますます高くなっています。 レンズの糊がほこりの多い場合、レーザーは散乱し、集中しません。 レーザーポインタのビーム範囲も短くなります。

    レーザー製品を選択するときは、信頼性の高い保証付き純正レーザーポインターを入手することが重要です。 レーザーポインターの使用中にどのような問題が発生したとしても、カスタマーサービスに連絡するだけで、保証期間中に最も満足のいく解決方法が得られます。laseronsaleは、全ての商品は1年の保証期間があります、この間に何か品質の問題があれば、返品修理交換可能です。ご安心購入してください。

    ここは2つの主なポイントがあります:

    1、レーザーペンは高温と空気の影響があり、レーザービームは2点または薄暗い傾向があります。 温度が上昇するにつれて、レーザポインタからの光がより良くかつより明瞭になる。

    2、不安定な結晶構造。 後者の2つの問題は軽微な問題であり、ユーザはレーザレンズを清掃し交換する必要があるだけである。 最も深刻なのは、照明がないことです。 操作ミスのために、レンズが完全に損傷した後、新しいものだけを再度購入することができます。

    したがって、レーザーポインターを受け取ったら、まずレーザーポインターの品質を確認してから、署名する必要があります。