ホーム 新着情報 レーザー通信のためレーザーポインターを雲に浸透させる方法を研究

レーザー通信のためレーザーポインターを雲に浸透させる方法を研究

  • View:92     2018年10月24日
  • 最近、外国メディアの報道によると、レーザー通信をより良くするために、スイスはレーザーを雲に浸透させる方法を研究しています。

    5000mwレーザーポインター

    レーザ通信は、レーザを用いて情報を伝達する通信方法である。 レーザ通信システムは、送信部と受信部の2つの部分からなる。 送信部は、主に、レーザと、光変調器と、光送信アンテナとを含む。 受信部は、主に、光受信アンテナと、光フィルタと、光検出器とを含む。 送信される情報は、レーザに接続された光変調器に送られ、レーザの情報を変調し、光送信アンテナを介して送信する。 受信端では、光受信アンテナは、レーザ信号を受信し、それを光検出器に送り、光検出器は、レーザ信号を電気信号に変換し、増幅し復調して元の情報となる。

    レーザー通信は、光を遮断することができないという最大の欠点の1つです。光路が遮断されると、情報は送信されません。これは特に衛星と地上の通信で深刻です。

    スイスのジュネーブ大学では、雲層がレーザ光の透過を妨げないようにするために、雲層に一時的な「穴」を焼き付けるために超熱レーザを使用しているため、雲覆いがあってもレーザ通信が行えることが報告されています。

    研究者らは、この技術は厚さ0.5メートルの人工雲に浸透することができ、この人工雲の水量は通常の雲の1万倍に相当すると語った。すなわち、実際の環境では、このレーザービームは、1kmの厚さの雲層を貫通することができる。

    この技術は、2025年頃に世界的に推進される予定であり、これはレーザー通信の普及にとって大きな意味を持つ。