ホーム 新着情報 Aeolus衛星はレーザーによる世界の風の傾向を監視する

Aeolus衛星はレーザーによる世界の風の傾向を監視する

  • View:50     2018年09月10日
  • 8月22日、ヨーロッパの「Aeolus」(ギリシャ神話の風の守護者)衛星が、Vegaロケットで、フランスのガイアナにあるヨーロッパの宇宙基地から正常に離陸しました。地球から320キロメートル(200マイル)の高地で3か月の任務を遂行します。地球の風を監視するために超高出力レーザーから紫外線パルスを放射し始めたことが報告されている。

    Aeolusは、欧州宇宙機関(EIA)が計画している第5番目の地球探査任務です。この新しい任務は、欧州宇宙機関のためのアリアンスペースの第50回打ち上げです。
    Aeolus レーザー監視

    Aeolusには、単一の計測器が装備されていることが報告されています。ドップラー風力レーザーシステム:空間からの風のパターンを正確に測定できるように設計された高度なレーザーシステム。そのレーザーは大気中に毎秒50の強力なUVパルスを放出し、大気から分子、塵粒子、水滴の信号を測定し、大気から30キロメートル(19マイル)の風速プロファイルを作り出します。

    Ariane Spaceは、このミッションは、天気予報の質を改善し、長期的な気候研究に貢献するために必要なデータを提供すると述べた。

    ヨーロッパ宇宙機関の地球観測プログラムのディレクターであるJosef Aschbacherは、「この新技術は気象データの大きなギャップを埋めるため、雲のない大気中の風の動きを監視することができます。