ホーム 新着情報 レーザーショー舞台演出道具レーザーダンス

レーザーショー舞台演出道具レーザーダンス

  • View:78     2018年08月22日
  • レーザーショーとは

    レーザーショーは、観客を引き付けるためにいくつかの視覚効果を生成するためにレーザーを使用することです。最も一般的なのは、さまざまな色のレーザーガンを爆弾とともに空気中に投射し、振動銃口を使って空気中で爆弾を投げることです。一般的には、観客の目への損傷を避けるために、レーザーは、観客を指していません。 レーザーは直線的に移動しますが、人々は空気による光の散乱のためにビームを側面で見ることができます。 その効果を高めるために、人工煙または水カーテンがしばしば使用される。


    レーザー手袋

    もう一つのレーザーショーは、レーザーをあるスクリーンに投影し、図形、アルファベット、キャラクターなどを変換した。これはレーザーの投影、レーザーテレビと似ているが、レーザーショーは現場感覚や芸術性を重視し、通常は専門のDJのリアルタイム創作がある。近年では、アマチュアファンは、レーザーポインターで公共空間で瞬間的に物理的な痕跡を残さないレーザーの落書き活動を行われる。

    レーザーショーは、臨場感だけでなく、典型的なテレビコンピューターでレーザーの色を再現することができないため、現場で見る必要があります。 レーザの純粋なスペクトルは色度または飽和度が高い。一般的な表示装置の色域に加えて、レーザTVまたは投影のみが可能である。

    レーザーショー

    レーザーショーの分類

    レーザー芸術水幕:レーザー芸術水幕は、芸術、娯楽、趣味、広告、宣伝を一体化した大型レーザー芸術のデモ形式の一つである。レーザーのデモンストレーションのカラーの多さのマイクロ立体図文やアニメは特製の大型水幕の上に投影されている。レーザーのカーテンは普通のスクリーンではなく、特製の水幕発生器が水を下から高速に噴出し、水を霧化させた後、半円形のスクリーンである。水のカーテンはレーザーの担体として、それは高保真、反射率の高等な利点を持っていて、水のカーテンの特性によって、その画面はまるで石山寒城のようで、また蜃気楼のようで、人物の出入りは天から降りてきたようで、まるで雲のように見えるようで、心を揺らして走るような芸術的な魅力を持っています。その壮観、清新で、奇抜な、艶やかな図の映像が、視聴者に大きな感超力と芸術を楽しむことができ、心が楽になる。

    レーザー音楽噴水:レーザー音楽の噴水ショーは、レーザの様々な図案や色彩の光が、透明な噴水膜に色の光を照射して、美しい奇異な効果を生み出している。レーザー技術、ビデオ、3次元アニメーション、音楽などが魅力的なパフォーマンスを披露しています。絶美な迫力がある場面を出演する

    レーザーステージアート:ステージ上での光の適用は新しいことではありませんが、ステージ上でのレーザーの適用は群衆から際立っていると言えるでしょう。レーザーの豊かな色と形状の多様性とモデルの変化の速度への音響光学統合は、どんな照明設計も比較することができません。レーザーは、魔法の効果を達成するために、俳優の相互作用と組み合わせる多次元グラフィックスを備えています。レーザーダンサーは放射のレーザービームを自由に制御している。レーザーダンスは、レーザーのプログラミング、ダンスのアイデア、音楽制作の3位一体の新しいダンスの形式を融合させた。動感の音楽のリズムに伴って、ダンサーは光影界の魔術師のようで、レーザーは生命の霊性に与えられたように、時には影に従って、時には人の踊りが溶け合っている。すべてのビームは最高の道具で、あるいは絢爛しているか驚く。

    レーザーダンス