ホーム 新着情報 rgbカラー、レーザーポインターの原理

rgbカラー、レーザーポインターの原理

  • View:40     2018年06月13日
  •  

    450nmレーザーポインター

    レーザポインターによって放出されるレーザー光は固体レーザーであるので、レーザーポインターの発光の原理は固体レーザーの発光の原理である。 レーザポインタ内部の固体レーザはレーザダイオードである。

    レーザを生成するための3つの条件は、しきい値条件および共振条件を満たす反転分布を達成することである。誘導放出光の第1の条件は、粒子数反転を発生である。半導体では、価電子帯の電子が伝導帯にポンピングされる。イオン数反転を達成するために、高濃度にドープされたP型およびN型材料がPN接合を形成するために一般的に使用される。印加電圧の下では、接合領域付近でイオン数反転が起こり、電子は高フェルミ準位EFCの下の伝導帯に蓄積され、正孔は低フェルミ準位EFVの上の価電子帯に蓄積される。 粒子数反転を実施することはレーザ生成に必要な条件であるが、十分な条件ではない。共振器の主要部分は、互いに平行な2つのミラーであり、活性化物質によって放出された誘導放射は、2つのミラー間で前後に反射され、新しいものを連続的に発生させる。 刺激された放射線は、それを連続的に増幅させる。誘導放射が閾値条件と共振条件を満たすと、光振動を形成することができ、安定したレーザを出力することができる。

    http://www.laseronsale.com/images/p/m/140828/HQ01PU002600.jpg

    なぜあるレーザーポインターは、光束を持っている、あるレーザーポインターは点のみを持っているのですか? 違いはどこですか?

    実際には、すべてのレーザポインタは放射したのは光束です。しかし、レーザーポインターのパワーが異なるため、レーザーポインターのパワーが高くない場合は、オブジェクト上の1点しか見ることができません。しかし、このレーザーポインターを暗い場所に置くと、まだ光のビームが見えますが、パワーが高いほど、ビームはより顕著になります。空気が純粋であれば、光は伝播の過程で影響を受けることはなく、まっすぐにしか伝播することはできません。あなたの目に光が入っていないので、光が伝播する過程を見ることができず、 ライトスポットだけ見えます。空気が比較的濁っていると、拡散中に光が空気中の粒子に遭遇し、粒子によって散乱され、光があなたの目に入り、光の伝播の経路が見えます。その時、光束を見えます。

    全世界 唯一無二珍しい多彩レーザーポインター5000mw CW laser 超強力レーザーポインター

    現在のほとんどのレーザーポインターは、レッドレーザーポインターです。グリーンレーザーポインターと青いレーザーポインターは比較的に高価あります。でも弊社は最も完全な波長、出力とレーザー色を提供しております。価格も激安いです。RGBカラー多彩レーザーポインターを販売しています。

    超目玉 爆安 世界最強出力30000mwレーザーポインター青色 防水 市場で最高 激安通販 紙、マッチ、タバコに火をつける 瞬間切断 超強力レーザーポインター 天体距離 8in1満天の星 強力 ledライト機能搭  大人気 カラス退治超強力3000mw 緑レーザーポインター 焦点調整可能 星キャップ付き天体観測 532nm 激安レーザーポインター スポット状でレーザー出力 購入50mw 100mwオレンジ 黄色レーザーポインター明るい200mw 300mw  500mw 3000mw天体観望 珍しい色 CWイエローレーザーポインターCWレーザーポインター50mw 100mw蔷薇色レーザーポインター635nm 浅青色レーザーポインター473nm 超珍しい色