ホーム 公式ブログ 高出力レーザー屋外では光線を見る

高出力レーザー屋外では光線を見る

  • View:204     2015年04月15日
  • 室内に多少タバコの煙などが空気中にある場合、思わず「すごい!!」と言ってしまいそうなレーザーポインターledライト光線 を見ることができます。一方、空気が澄んでいる場合、屋外では光線を見ることは難しいです。レーザーポインターの焦点を調節すると、マッチと爆竹に点火し、軽気球を爆破する。夜の可視距離は5000m以上です。夜ならはっきりとしたビームをはっきり見えます。強大な出力パワーですから、使用するときにレーザー懐中電灯に過熱させないようにします。冷たくなってから使用したほうがいいです。レーザーポインターを長く使用するために、夏の時は連続30秒以内に使用してください。しかし、霧や空気があまり澄んでいない日などは、どこまで伸び ているかわからないくらいのレーザービームをはっきり見ることができます。つまり、レーザー光線を見る環境によりますので、一概に出力何mwだから光線がはっきり見える、とはあまり言ないのです。しかしながら、鳥 駆除 レーザーが高出力であればあるほど、環境に左右されずに光線を見ることができる可能性が高いことは確かです。

    直筒型レーザーポインター

    屋外で使用されるさい、当然のことですが、人や動物・飛行機などには絶対に向けないようお願いいたします。

    1.レーザーポインター格安は明るい所は無論の事暗い所でもよく見え、ビーム到達距離も格段に長いレーザー発光モジュールの生産コストを大幅にコストダウンしたレーザーポインターの登場です
    2.航空機用アルミ合金製、丈夫で耐久性が良いです。外観はきれいです。
    3.外部から焦点を調節、ビームの太さとスポットの大きさを調節可能になる(焦点調節は非常に便利です。)
    4.尾部スイッチ、押せば通電するようになる、もう一回押すと消える。
    5.インポートLDとパーツ、使用時間を増加、8000時間以上
    6.レーザー・モジュール内蔵して放熱装置を改善し、サーキットボードが保護設計を採集する。
    7.強い光の束は静かな夜空を突き抜けるように、超インパクト効果が抜群!