ホーム 公式ブログ レーザーポインターの分類について

レーザーポインターの分類について

  • View:260     2014年11月07日
  • ヘリウム - ネオン(のHeNe )ガスレーザの633ナノメートル(nm )の波長を有する初期のレーザーペン、エネルギーは通常、わずか1 mWのレーザビームを生成するために使用される。 670 / 650nmの深いレーザー レッド ダイオードに近い波長の格安航空レーザーポインター。少し高価な、次に635nmの赤の使用 - オレンジダイオードは、波長が人間の目の識別が容易になります。他の色のレーザポインター、最も一般的には532nmの緑の波長がある。

    近年では、黄593.5nm - オレンジ色のレーザーポインターも出現し始めている。 2005年9月の473nm青色レーザーポインター登場。 2010年初頭405nmの「青」 (実際には紫)レーザーポインターの波長があった。

    出力レーザーポインタはミリワット通常である。米国では、米国規格協会および米国食品医薬品局(FDA )によるレーザは分類する。第三のカテゴリーAとの間の電力の1-5ミリワット(クラス3AまたはIIIa)で、第二のクラス(クラス2またはII )用の電力1mW未満の可視光(波長400-700nm )レーザーポインター。第三のカテゴリーB (クラス3B / IIIb)のレーザー(パワー5-500 Mw)及び第4のクラス(クラス4 / IV)レーザー( 500 mWのより大きいパワー)はできませんレーザーポインター販売 を推進の名の下に法律によって。

     

    http://www.laseronsale.com/laserpen_50mw/p-7051.html

    http://www.laseronsale.com/laserpen_1000mw/p-7048.html