ホーム 公式ブログ レーザーポインター色波長

レーザーポインター色波長

  • View:323     2014年10月24日
  • 633nmでのために生成された初期のレーザー波長レーザーポインター(ヘリウムネオン)ヘリウムネオンガスレーザー、標準で1mW 。深紅ほぼ670 / 650nmの波長のレーザーダイオード モジュールを使用して、最低価格のレーザーポインター。

     

    201410241

    少し高価な赤、オレンジの635nmダイオード付き。他の色も可能で、グリーンレーザー532 nmのは、最も一般的な選択肢です。そして、オレンジ色のレーザーポインター、 593.5ナノメートルの波長を来た。 2005年9月で利用できるの473nmの青色レーザーポインターが登場。 2010年初頭に、青紫色レーザーポインター、 405nmの波長があった。

    レーザパワー、反射面上のレーザビームスポットの輝度から。同じ電力、緑色領域(波長520-570nm )スペクトルは最も敏感で人間の目は、それが他の色よりも明るいと思われる。赤や青の波長感度。

    通常ミリワット( mWの)レーザーポインタの出力電力を発現した。レーザーは、米国規格協会および食品医薬品局(FDA )は、により、米国で分類されている。可視レーザーポインター( 400-700nm )電源操作、 2またはクラスII 、 1-5mW可視レーザーポインタ、クラス3AまたはIIIaので1mW未満である。クラス3BまたはIIIbのレーザーは500mWの5を生産する; 4または第四レーザーは500mWの以上のものを生成する。米国FDAの連邦規制、 「デモ用のレーザー製品には、 「クラスI、 IIA 、 IIIAまたは機器の該当する要件を満たしている必要があります

    http://www.laseronsale.com/laserpen_5mw/p-7030.html