ホーム 公式ブログ 赤と緑レーザーポインターの区別

赤と緑レーザーポインターの区別

  • View:251     2014年10月22日
  • 赤レーザー:レーザダイオードの波長を生成するので、バッテリエネルギーによる最も単純な、基本的にダイオードの構造ので。今小さくて非常に安い。レッドレーザーポインターが最初に1980年代に登場し、機器の価値はドルのかさばる何百ある。近年、 671nmダイオード励起固体レーザ( DPSS )赤色レーザーポインターの波長があった。なお、この波長は、安価なダイオードを得ることができるが、 DPSS技術は、より高品質、より狭帯域のレーザ光を生成することができる。

    緑色レーザー:808nmの赤外レーザの非線形結晶の励起波長は1064nmの赤外光を生成するために、その後、乗算器532の緑を生成し、固体レーザである。
    いくつかの緑色レーザーは、冷却の問題を低減し、バッテリ寿命を延ばすためにダウンパルス又は準連続モードで動作する。
    最近、緑色レーザーの倍増をより効率的に必要とされていないと発表した。
    夜間でも、原因の大気分子に低消費電力のグリーンレイリー散乱はまた、このレーザーポインターは、多くの場合、星や星座を指して天文愛好家のために使用されていることがわかります。緑色レザーポインターは出力電力の多様を有することができる。

    そして、赤色レーザーポインタは、約600デュオナミ、成熟した技術と同様に、成熟した半導体プロセス材料の波長行うことが比較的容易である。緑色レーザの波長は530nmの程度で、現在の帯域の半導体レーザ技術は非常に成熟していないので、高価な緑色レーザーポインター、低電力。

    だがら、皆はレーザーポインター販売 時に自分のニーズしてレーザーポインターを選びますね。