ホーム 公式ブログ レーザークラスの分類法と基本知識

レーザークラスの分類法と基本知識

  • View:239     2014年10月05日
  • レーザー分類法

    みんながよく知っているレーザーポインターは色、出力パワーなどで分類されています。ここでレーザーポインターの分類方法を簡単に説明します。レーザーポインターは、レーザーの波長や出力に応じて分類されています。これは、レーザーの危険性と関連して説明されています。、レーザーの危険性は、放射波長、出力電力、ビーム特性で決定されます。 

    レーザーのレベルレベル1からレベル4までがある。レベルの数字が大き いほど、レーザーはもっと危なくなります。レーザーの危険性はレーザーレベルで表示られ、分類番号はローマ数字で表示られます。分類が完了す ると、製品上に分類番号を明記したラベルを貼り付けます。このラベルには、警告文とともに、波長や総出力電力やレーザー分類についての情報が記載されてい ます。

    クラス1

    レベル1レーザーは人体にとって安全です。通常の動作環境の下で、このレーザーが潜在的に健康に障害がありません。 操作中で人体にレーザーが放射されないように、特別な設計上の考慮がなされます。

    クラス2

    レベル2レーザーは低電力の可視レーザーです。人の目はまぶしい光を受けるときに自然とまばたきをします。レベル2のレーザーはそのまばたきだけで目を十分に保護できる程度だけです。ただし、長時間直接に目を照射すると損傷する恐れがあります。クラス2には、「注意」ラベルが必要です。

    レベル3

    レベル3aレーザーも「注意」ラベルが必要で、場合によっては「危険」ラベルが必要なこともあります。短時間で照射られれば、まばたきで目を保護できる。光学的 な調整を行って集光レンズを通して、レーザーを見た場合に、目を損傷する恐れがあります。

    クラス3b

    レーザーは、直接光や二次ビームを見た場合に危険を生じることができます。通常、このレーザーはつや消し面で反射しても危険な二次ビームを発生させることはできません。こうした製品の上に「危険」ラベルを貼付します。目を損傷する恐れはありますが、火事ややけどの程度を達しません。この強力レーザーポインターを使用する場合に、レーザー用保護めがねを着用必要です。

    クラス4

    クラス4レーザーは、目と皮膚にとって危ないです。直接ビーム、二次ビーム、拡散反射は、すべて危険です。レベル4レーザー製品の上に「危険」ラベルを貼付します。レベル4レーザーはレーザーの存在下やその周辺の部材に損傷を与え、可燃性の物質を着火します。このレーザーを使用する場合には、レーザー用保護めがねを必ず着用しなければなりません。

    IPGフォトニクスでは、クラス3bとクラス4のレーザーを利用します。レーザー使用者や使用を予定している者は、下記の点に真剣に注意してください。

    グリーン光、レッド光、藍紫光の区別

    ライトの強さ:グリーン>レッド>藍紫光
    価格の高さ:レッド<グリン<藍紫光
    集熱性能(点火):グリーン光<レッド光<=藍紫光
    安定性:グリーン<レッド=藍紫光 (グリーン光が気温に影響される強さがありますから、寒い環境の時に使うと、予備加熱は必要です。)

    マッチと爆竹に点火し、風船を爆破できます。夜の可視距離は10000m以上です。ビームをはっきり見えます。

    この緑レーザーポインターは、実際出力が3W(3000mW)以上ある本物の3000mW レーザーポインター緑ですので、例えば真っ白いコピー用紙などでも焦点を当てれば1~2秒で燃焼させることが可能です。

    そして、皆様はレーザーポインターの知識が十分に分かる。レーザーポインター販売 時にいいレーザーポインターを取ることができた。