ホーム 公式ブログ グリーンレーザーポインターとは

グリーンレーザーポインターとは

  • View:243     2014年09月11日
  • 緑レーザーは波長が532nmで、Class IIIA タイプの光です。緑レーザーの明るさはちょっと強いので、目に危険性がある。出力が高いほど、ダメージが大きくなります。だから、最も広く使われているのは5mwのグリーンレーザーポインターです。アメリカの市場で5mwレーザー筆は制限がないで販売できますが、5mw以上のレーザーポインターは特別の許可を取らなければ販売できません。国内では厳格な制限がないが、グリーンレーザーポインターを使用する時、安全に気を付け必要がある。グリーンレーザーポインターのセットのなかでダブル保護スイッチがあるべきです。

    授業の時に使用されるのレーザーポインタは、近年広く使われている道具です。これはデモンストレーションやプロジェクトプレゼンテーションを行うの教員に対してとても便利なものです。以前デモンストレーションした時、誰もが理解できるように、教師或いはスピーカーはずっとコンピュータのサイドで動作と話で説明しかできなかった。それで、教師或いはスピーカーはコンピュータのサイド制限されて、アクションが非常に不便です。レーザーポインタを使用すれば、この問題を簡単に解決できます。レーザーポインタで説明すれば、師或いはスピーカーは完全に解放されて、どこでも説明できます。

    天文愛好家にとって、、どろぐらいのパワーといくらの価格を選べれば、その星を指すの要求を満たせるのは一番重要な問題です。薄暗い室内で、はっきり感じやすいので、50mWのレーザーポインタと比べて、20mWのレーザーポインタより適切です。緑レーザーポインターの狭い価格帯に、安定性を持つのタイプはより高価です。しかし、人間の目は、その区別は見えにくいですので、経済的制約のせいで多くの人は50mW以下のタイプを選ぶ。この状況で、価格帯の影響で、10000円以下の商品はより適切です。環境保護および節約の原理に沿って、多くのレーザーポインタは充電電池を利用する。今50mWのレーザーポインターは10000くらい価格で、高価ではない。