ホーム 公式ブログ 靑光りレーザー筆は今世界で一番人気があったレーザー筆

靑光りレーザー筆は今世界で一番人気があったレーザー筆

  • View:187     2014年09月11日
  • 靑光りレーザーポインターは、文字通り、「緑レーザーポインター」、或いは、「緑色のレーザーポインター」や「指星筆」など。靑光りレーザー筆は今世界で一番人気があったレーザー筆だ。その原因は赤い光が緑より6倍で、赤い光ビームより明らかで、価格はブルーレイと黄色に比較してもっと安い。レーザー使用者は普通はすべて緑光筆ペンを選ぶ。

     

    靑光りレーザーポインターの出したの光の波長は532nm、レーザータイプはClass IIIA 2、二つ7電池を使用する。靑光りレーザーポインターの明るさは比較的に客観的なので、そして、目への危険性も高く、出力が高ければ危険がたかい。一般的に、5mwは普遍的に使われている、アメリカの市場に5mwレーザー筆だけを許し、5mw以上は特別の承認を経てなけねばならない。国内では厳格な制限がないので、これより、利用者は利用する時に特に安全に気をつけて、目や他に傷つきやすい部位によって、さらに予防レーザー反射が目に入る。一般的に緑のピントを合わせるのはまた、ダブル保護スイッチがあった。
    いつも授業で使用されるレーザーポインタは、近代的な教育モールドあるいは設備だ。デモンストレーションやプロジェクトプレゼンテーションの教員のためのレーザーポインターの第三世代を書き込むことができているレーザーポインターを教え、教師、トレーナー、スピーカー、すべてのタッチそのような当惑に、コンピュータ側の動作を説明する必要性が、アクションが非常に不便利で、限られている。デモンストレーションを教える際に、完全に解放されたユーザを作る方法」述べたところに、どこ行く、どこを参照する場合には、について話しました。 "レーザポインタの出現は、実際に、これらの問題を解決しました。その結果、話し手が完全に解放される。
    天文愛好家にとって、どろぐらいのパワーといくらの価格を選ぶ、その星を指すの要求を満たす、個人的には、電力の50mWのに最大20mW いいと思う。、特に明白な感じすることができました薄暗い室内条件で、より適切な、 50mWのより多くの電力だと思います。緑レーザーポインターの価格狭い帯域幅に関連し、その帯域幅と安定性を持つ主な価格のレーザーポインターは、より高価な価格が、人間の目は、その区別は見えません。したがって、より経済的に苦しいの友人は、パワー50mWの以下選択し、この時点で、帯域幅に違いを区別することはできませんレーザーポインター100元以下であることがより適切である。また、レーザポインタは、良好な二次電池の一対の環境保護および節約の原理に沿ったものでも必要で、一般に、比較的大きな電力消費である。現在、 50mWの電力価格は少しだけ100上に、高価ではありません。

    もう、スターのペンが適切に使用された日、どのようにそれの夜、 「電力ない、多くの人がこの問題が発生することがあります?媒体を製造するために使用するスターペンを指し、半導体レーザ、半導体の各種特性は、温度に非常に敏感である、より低い温度で、青色レーザーポインターは、ちょうど一瞬のレーザーポインタを引き渡す、動作しません、しましょう温度が20度以上に上昇、ペンは、おそらく関連してバッテリを交換することができない場合、正常に動作することができるであろう