ホーム 公式ブログ 緑色レーザーポインターってすげぇな

緑色レーザーポインターってすげぇな

  • View:368     2014年08月05日
  • 緑色レーザーポインターってすげぇな

    レーザーポインターには色の違いがありますが、色以外の条件を揃えた場合赤と緑と青ではどれが1番遠くまで届きますか?

    (赤と緑の2種類でも 構いません)高出力のやつは危険ですか。手に当てたりするとやけどしたりするんですか

     

    グリーンやパープル、ブルーなどいろいろな色の物がありますが

    何か関係あるんですか100mwでは焦げることは無いですが、皮膚にあてると温かく感じます。

    150mwくらいあれば、黒いこもなら煙がでます。マッチを黒く塗れば着火できます。

    200mw以上あれば赤いマッチなら塗らなくても着火できます。

     

    レーザーの中ではグリーンレーザーが一番明るいです。

    波長は532nmで、人間にとって一番明るく感じる波長が555nmです。

    レッドは600nmくらい、パープルは400nmくらい、ブルーは500~570nmくらい

    赤外線は800以上、紫外線は300nm以下です。

    波長によってレーザーの色が変わります。

    レーザーは色は関係なしに、強さは出力によって決まります。

    グリーンとレッド、レーザーポインター青の200mwなら全てマッチに着火できると言うことです。

    照射されるほうも赤外線を吸収しやすいほうが熱くなります。なので黒が一番いいです。レーザーは色によって製造が難しかったり、簡単だったりするので、値段が大きく異なります。

    レッドは製造も簡単で、しかも一番よく使われるので200mwでも17000円くらいです。グリーンもほぼ同じでちょっと高いくらいです。そうした機器はレーザー管理区域を設けて厳しく管理されています。

    特にクラス4以上になると直接光だけでなく反射光/散乱光も危険ですので、

    直視することはもちろん、触れることもできないように光路の遮蔽や防火対策、

    立入り防止のインタロックなどが必要になります。