ホーム 公式ブログ レーザー光線の威力と平井堅さんの音質の効果との類似性

レーザー光線の威力と平井堅さんの音質の効果との類似性

  • View:258     2014年07月16日
  • レーザー光線の威力と平井堅さんの音質の効果との類似性

    平井堅という方はご存知ですか?2000年まではあんまり認知っされないともいますが、2000年にリリースされたシングル「楽園」で大ブレークしました。それ以来、実力歌手として認められました。私も平井堅さんの大ファンです。どうしても平井堅さんのその歌声が好きですね。初めては平井堅さんの「いつか離れる日が来ても」という歌を聴いてから、平井堅さんの歌から離れませんね。なぜ平井堅さんの歌声がそんなに魅力的ですか?その裏に迫りましょう?ここでレーザーポインターの威力と比べながら説明したいと思います。

     平井堅さんの歌はほとんどキーが高い歌が多いですが、普通の歌い方で平井堅さんの歌を歌うとなんか難しいと思いませんか?平井堅さんのような感じで歌うことができないです。真似してもできません。似てないです。そこにもちろん歌のテクニクもあると思いますが、やはり平井堅さんの持ち前の声が一番の原因ですね。どんなタイプの歌でも平井堅さんの感じになります。

     歌ってだいたいキーが低いとキーが高い歌に分けられます。平井堅さんはキーが低い歌を歌うときの声はちょっと控えめで聴きやすくて、癒されます。これは出力の5mW レーザーポインター とそっくりですね。そのビーム光線はそんなに刺激になりません。使うときに安心させます。キーが高い歌を歌うときの声はまさに衝撃的ですね。なぜかというとますは声量は半端ないですもんね。その高音が出た瞬間に聴く人が歌の世界に入り込みました。歌い終わったあとに余韻がまだ耳元から離せません。聴き終わったあと、血も騒ぎました。これは高出力の青色レーザーポインターの威力のように発光するとそのレーザー光線は眩しくて何にも見えない暗闇の中でも白昼のように見えます。風船などはすっと爆発させます。本当にこういう強力レーザーポインターは危険性半端ないので、使うときに絶対に気をつけてください。

     平井堅さんの歌の魅力をレーザー光線に例えることは正しいかどうかはわかりませんが、私から見れば、3000mW レーザーポインターに負けない威力を持っています。