ホーム 公式ブログ 人類みんなでレーザーポインタを月に向けたらどうなる?

人類みんなでレーザーポインタを月に向けたらどうなる?

  • View:302     2014年01月26日
  • レーザーポインター

    「地球の人間全員がレーザーポインタを月に向けたら、月は色変わるの?」

    XKCDの専門家が毎回エキストリームな仮説に科学的に答えるQ&Aコーナー「What if?」に先日こんな質問が寄せられました。

    表題の質問のこたえは「普通のレーザーだと色は変わらない」。ただし、もっと強い強力レーザーポインターだと全員死ぬみたいですよ?

    結局問題はどこまでレーザーの強度をあげられるか、ですよね。

    そこでXKCDではグリーン・レーザーポインタからNightsunレーザー、IMAXのプロジェクター、 ベガスのルクソールのピラミッドパワービームまで地上に存するビームの強度をひと通りチェック。アジアは犬も歩けばレーザーなんで、あれ全部一度に点けたら地球資源2分で枯渇するんじゃ...という気もしますけど、とりあえずここは机上の空論でOKなので、「地球上で最も強いレーザーを地球上の全員に配って狙ってみた」場合を想定してみました。

    世界最強のレーザーと言えば、言わずと知れたベガスのピラミッド...ではなくて、カリフォルニア州ローレンスリバモア国立研究所の国立点火施設(National Ignition Facility=NIF)が有する慣性閉じ込め方式のビームです。
    192本のNIFビームのエネルギーを数ミリのターゲットに集中させることで、従来の実験室では到底作り出すことができなかった極限環境、具体的には惑星や星の内部に匹敵する1億度以上の温度、1000 g/cm3以上の密度、一千億気圧の圧力の状態を作り出すことができる。

    ひい...。この恐ろしく強烈なビームを世界60億人がなぜか手にして月に間断なく浴びせ続けてる、という状況を無理矢理にでも想像してみますと...

    「残念ながら、レーザーのエネルギーのフローで大気がプラズマと化し、瞬時に地表が燃え、全員滅亡となるだろう。」

    色が変わるどころの話じゃなかった...。